top of page
Pink Sugar
Pink Sugar

小松 絵里
Eri Komatsu

『なりたい自分は1日にしてならず』

初めまして、小松絵里です。

好きなことは、旅行・カフェ巡り・睡眠。

得意なことは、いつでもどこでもすぐに眠ることができる、

相手の良いところをすぐに見つけられることです。

受講される皆さんに寄り添い、同じ目線に立って伴走する

これが私のモットーです。

​大学時代〜CAになるまで
IMG_4769.JPG
0B2AA3C7-CB06-401E-BD5E-05F864503332.jpeg
IMG_9255.HEIC
​空を飛び回ったCA時代

念願の夢を叶えた私でしたが、そこに試練が!!

これまで実家暮らしで北海道から出たことがない私が・・・

一気に国外へ〜

それは 海外ベース(海外に住みながらCAをする)ということ!


好きな仕事ができるなら!若さに任せ(笑)『行ってしまえばどうにかなる!」と思い単身海外へ✈︎

初めての国、初めての会社、初めての環境の中で始まった新人トレーニング。
辛いことや大変なこともたくさんありましたが、心強い同期と共に励み、
どんな困難も乗り越えることができ今となっては良い人生経験をしたなと思っています。

また、仕事を通して
たくさんの人と出会い、
たくさんのことを学び、
たくさんのことを身に付けることができました!


・人(お客様)のために働くことで仕事のやりがいを感じる
・様々な人と関わりながら仕事をする大切さ
・自分の意見をしっかり言えるようになった
・限られた飛行時間で、最高のおもてなしをするための時間管理術 ・視野が広くなった
・表情が豊かになった(特に笑顔 笑)


今の私の土台がしっかりできた時期でもあります。

CAの仕事は不規則ですし、精神面でも体力面でも強くないとやっていけない仕事でしたが、
私にとって本当に天職でした。

8カ国17都市へのフライト経験があり、
​その中でもアメリカ・アンカレッジ(アラスカ)便は貴重な経験です。

大学生の頃の私は・・・
引っ込み思案・大勢が苦手・無愛想 でした。


そんな私には夢がありました。


『絶対にCAになりたい』

唯一私の強みは、「諦めない!粘り強い!!やると決めたら最後まで頑張る!!!」


当時就職氷河期で、例外なく航空会社も採用が極端に少ない状況でもチャレンジしましたが、
新卒で夢を叶えることができませんでした。

卒業後一度アパレルの会社に就職しましたが、諦めが悪い私は「ぜったい夢を叶えたい」一心で
仕事をしながらお休みの日に猛勉強をし、やっとの思いで外資系航空会社から内定をいただきました✈︎

​CA退職後

​空を飛び回っていたCAを辞め、地上での生活を始めました。

新しい仕事を始めましたが、自分が何ができるのかわからなく悩んでいました。

接客業? 社長秘書?

「私って何ができるの?」
「何が得意なの?」
「何が好きなの?」


考えれば考えるほど、どんどん自分のことがわからなくなっていき
毎日モヤモヤが続きました。


そんな中、

『これからは夢を叶えたいと思っている方々のサポートがしたい!』と思い、

エアライン科のある専門学校の講師の仕事を始めました。

同時に、これまでの経験を活かしコツコツ知識をアップデートし続けてきた

​   
マナー講師

という仕事を、ご縁があって登壇の機会をいただき

専門学校の講師 ➕ マナー講師

の2本立てて活動していました。


就職・転職で悩む方達と仕事を通じて 1 on 1 で向き合いました。


彼女たちは口を揃えて

自分に強みがなんてありません。。。」と言っていました。

だけど、私にはその人の強みを何個も見つけることができたんです!


他人の強みを見つけていくうちに、今度は自分自身の強みにも気づいていきました。

それは
「他人の強みを見抜くのが得意」なのだということに。

 

9009093F-7677-42E8-8071-E93F0B4DC1F9_1_201_a_edited.jpg

自分の強みに一つ気づけた私は、

もっと自分のことを知りたい!」と思うようになりました。

そんな時に
『自己分析プログラム』に出会い

「これだ!」と思い、
​2ヶ月間必死で取り組みました。

プログラムを終える頃には、
自分の強みや弱み、得意不得意がわかるようになり
これまで抱えていた心のモヤモヤから解放されていました。
自分探しが終わった瞬間でした。


元CA❌マナー講師❌強み発掘トレーナー

これが、「私のやりたいこと」だと気づきました!

以前の私のように「自分を見つけたい」とモヤモヤしている方と向き合って
​誰もが『自分がいいなと思える自分に』なれるお手伝いがしたいと思っております。

bottom of page